ワールドトリガーの王道的な面白さ

週刊少年ジャンプで連載中のワールドトリガー。
葦原大介氏の作品ですが、これが面白い。
王道的な能力バトル系の漫画なのですが、漫画の上手さみたいなのを感じる。

2chの週刊少年漫画板でも勢いではトップなんじゃないかな?
どの辺の層にヒットしているのかがイマイチ読めないが結構幅広いと思う。
私のように30代の人間でも面白いと感じるのだから。

登場人物は10代の少年少女がメイン。パワーの源であるトリオンは若い時ほど成長しやすいという設定だ。
バトルシーンはなかなか迫力がある。弱いキャラは戦略で相手を倒していく流れも良い。
読者は色々な人がいる。んで漫画の登場人物も色々。

ワールドトリガーの場合はその色々な登場人物のそれぞれの個性を上手く活かせている点がポイントだと思う。
力が弱い人間は戦略で、力が強い人間はそれを存分に引き出す。
こういった表現をうまい具合に描写しているから、読者の共感を生み人気につながっているんじゃないかと。

個人的に気になる点としてはキャラのかき分けくらいかな?
正直登場人物が把握できていない面がある。菊地原とトッキーの区別も最近ついたくらい。
作画がシンプルなゆえの弊害なのかね。

ともあれワールドトリガーが非常に面白い漫画であることは間違いない!コミックを買っても良いと思える数少ない作品だ。